ブログ

美容師がITベンチャーで働いたところ、サッカーで例えられることが判明した話。週 1ベンチャー日記第1話。

こんちは。表参道のボブが得意な美容師、Jr.ヘアケアデ・・・おっとっと。

実は本日のブログは美容師としてのブログ…

ではなく、

週一で活動参加させていただいている、

とある企業のいちメンバーとしてのブログ

でございます。

1.現役美容師がITベンチャーに出社?

実は先月、お世話になったグループサロンを退社し、フリーランス美容師としての活動を開始しました。

そしてそれと同時に、毎週火曜日は美容師の活動をお休みし、とある企業の活動に参加していたのです。

それがこちらのITベンチャーである

【LiME.inc】


とても簡単に申し上げますと

【美容師が使うカルテアプリを作っている会社】なのです。

 

《オフィスの昼休みの様子》

 

そして社長はこちらの

古木数馬さん。通称:ズマさん

 

 

実は私、社長のことは10年も前に一方的に知っていました。

ですがご本人が

「いや本当はそれ、あまり人に言いたく無いんだよね・・・」

とおっしゃるので、生憎こういう公の場ではあまり書けないのですが

実は社長は今からおよそ10年前の当時、私が穴があくほど読んでいた某ファッション雑誌の読者モデルさまだったのです。

ヒントを出すならば

【よく行くショップ:ベルベルジン、トーキョーボッパー】

【好きなブランド:マルタンマルジェラ、リックオウエンス】

これを見てピンと来た同世代の方は大体お察し頂けるかと思います。

私はこのような理由で社長に対して一方的に親近感を抱いていたのです・・

おっと、話が逸れました。

 

オフィスではいつも元気に「社長!おはようございます!」というと、

「あ、ごめん《社長》って呼ぶの禁止」

と注意を受けています。

ですが書くのは禁止と言われてないのでブログでは「社長」と記しています。

一応自覚していますが、私はクセのある社員です。

 

そんなこんなで、こんなクセのある私でも毎週火曜日はちゃんとオフィスにて仕事をしています。

この手前におりますマスク姿の、“ミッチー”こと“みてぃひろ”さんという、なにが本当の名前なのか分からない仕事バリバリの上司に、いつも尻を赤くなるまで叩かれながら自分のタスクに励んでおります・・・。

と、これだけお伝えするとただの鬼上司のレッテルが貼られてしまいそうなので、一応名誉を尊重しておきますと・・

 

 

実際はこのようにフィジカル強めのイケメンさまです。過去にはバンド活動をしていたようで、見ての通りのベーシストです。

口癖は「オーケーっす」「ぐぬぬ・・・」などなど。趣味は「TSUTAYA」が推してる映画を見ること。

多岐に渡り造詣の深い、素晴らしい上司なのです。

 

2.私から見たLiMEってこんな企業

最近サポートとして入ったばかりの私くらいのひよっ子が

「LiMEってこんな企業だよ!」なんて《ドヤる》にはあまりにも若く、おこがましいにも程がありすぎる所存なので、詳しくは以下のブログをご参考ください。(なお、全10話)


で、そもそも何故ITベンチャーなのか??

《ITベンチャー》なんて言い出すと、なかなかに聞こえは良いかもしれません。

美容師以外の仕事のスキルを身につけたいというのも1つ大前提にあるのですが、それ以上にこの集団の「熱量」に感化されたというのが一番の要因でもあります。

現在、オフィスは新宿に移動しましたが

まだ横浜にオフィスがあった昨年の秋頃に、実は見学に伺ったのであります。

そこで社長はこの会社を立ち上げた経緯や、展望なんかについても熱く語ってくださいました。

「こんなこと本気で取り組んでいる人が世の中にはいたのか。」

と、自分にとっては相当な衝撃を受けたことを覚えています。

そして「自分も何かできることがあれば是非協力したい」と懇願し、現在に至ったのです。

《横浜でお会いした頃の写真》普通の家がオフィスになってて、何故かパソコンから喋ってるスーパープログラマーがいて、そんな空間ながらも、ものすごい熱量で仕事に取り組むその空気感は、そこがまるで本当に現実世界であるのか、そう疑わざるをえない空間なのでした。

 

3.まるで《サッカー》のような仕事ぶり

そう題名にもあるように、ITベンチャー。ことアプリ開発においてその仕事ぶりはサッカーに例えることが可能です。

サポート歴2ヶ月の私が担当している仕事というのは、いわゆる守りの仕事。

主にユーザーサポートのためのQ&Aページなど担当しております。

ユーザーさまのお声をもとに、アプリを使用している上での疑問や使い方を解消するためのページ作成などを担っております。

実際のページは例えばこれなど

そしてこれとは別に定期的にある「デバッグ」という作業を(アプリにバグが無いか、操作性はどうか確かめる作業)し、社内のエンジアニアやプログラマが開発・実装した機能についてのチェック作業をしています。

はっきり申し上げて、とんでもなく地味なのです。ですが、どのような作業も非常に重要でして、攻めの開発だけではいけないし、守りだけでも前に進めないのです。

 

・・で、もっとわかりやすく例えるとこうなります。

それぞれ

【デバッグ】【ユーザーサポート】

が守りのポジション・・いわゆるディフェンス。

そこからの

《アプリのバグ》や《ユーザー様の声》という名のボールを

ボランチである【改善チーム】にパスし、この《ボランチ》いわゆる中盤がゲームを組み立てます。(※ここ重要)

そして最終的に攻めのフォワードである【エンジニア】や【プログラマー】さまにパスをして、最終的に開発に至ります。

図で言うとこんなイメージ。

 

ですので、これらをメンバーで置き換えると、さきほどのミッチーさん。

 

 

この方は重要な中軸の【ボランチ】を担っていますので、日本でいうならフィジカル強めの中村憲剛。

世界レベルになれば「シャビ・アロンソ」にも匹敵する可能性を持っています。

どうですか?すごい人に見えてきたでしょう。

 

そして僕は主に【ディフェンス】なので、控えめに言ってもまぁ、長友佑都なのかなぁ。(体幹鍛えてるし)

 

・・・

で、こちらも超重要なのがLiMEの攻めの開発チームメンバー

まずはこの方

「伝説の侍プログラマー」

MASASさん。

この方は問答無用で《ペレ》《マラドーナ》レベルです。

最近社内では「MASASさん」=「2700年くらいから来たAI(人工知能)なのでは無いか」という噂も流れているほどです。

“この世で抜けないディフェンスはいない”かの如く

“この世で作れないものはない”というほどの、エンジニア界隈においては「神様」のような存在らしいのです(念を押して本当です)

 

そして攻めにはもう一人重要なこの方。

石井諭(通称:ロンさん。)

MASAS氏に「NTT辞めるなんてバカじゃねーの!?」と言われながら覚悟を決めLiMEにやってきた「超成長中のエースエンジニア」(LiMEのHPより抜粋)

つまり上のMASAS氏とこのロンさんは師弟関係にあります。ですのでそのまま同じアルゼンチンやブラジルにかけ分りやすいところでいうと

《メッシ》《ネイマール》ということになるのでしょうか。超成長中ということなら《岡崎慎司》もしっくりくる感じがします。(伸びしろですねぇ〜。)

 

なお、この方はいつもPC画面では映画《マトリックス》に出てきそうな文字をひたすら打ち込んでいます。

私くらいではもう、何をしているのか皆目検討もつかないのですが、恐らくロンさんはじめエンジニアーと呼ばれる方達はきっと《仮想現実の中で生きているのだ》ということだけは理解できます。

まだまだついていくのに精一杯ですが、こんな方に囲まれて週に一度ディフェンダーとしてサポートさせていただいているのです。

あわよくば、ボランチのポジションを虎視眈々と狙ってはいるのですが、そこはミッチーさんが許しません。

まあ僕から言わせれば、可愛い彼女のいるリア充が何を泥水だとかほざいているんだ。

というのが正直な感想ですが一応大人なので口にはしていません。

まだまだ素敵なメンバーは他にもいるのですが、長くなりそうなので今日のところはこの辺で・・。

2話目以降でご紹介します。最後までお読みいただきありがとうございましたm(._.)m

つづく・・・。

 


最後にお知らせではありますが、7月にLiMEが無料化になるそうですよ。(※条件有り)

LiME  (ライム) 美容師の顧客管理・カルテ管理をスマホで便利に! – LiME Inc.

iPhoneでダウンロード後、下のような画面になりますから

「まずは登録せずに試してみたい!」という方はここをタップしてくださいね。

操作性を是非体験してみてくださいませ(^o^)/

 


ABOUT ME
愛澤 直人
原宿にある個室型サロン「GO TODAY SHAiRE SALON」にてマンツーマン施術スタイルで美容師・床屋2つの顔を持って仕事してます。このサイトでは実際のお客様実例から、ちょっとした疑問を分かりやすく解決する記事を書いています。とにかくカットに命を込めてます。座右の銘は「エクスペリエンス」。