Lady`s記事

直毛・軟毛・猫っ毛さんにオススメの柔らかパーマスタイル

直毛・軟毛・猫っ毛さんにオススメの柔らかパーマスタイルのオススメ記事です!

 JR原宿駅から徒歩4分

東京メトロ明治神宮前駅から徒歩4分

GO TODAY SHiARE SALON所属

原宿の“Barber”美容師 

愛澤です

1.直毛、猫っ毛、ぺたんこ髪の解決策

さて今日は初担当のお客様でした。

  • 「襟足を刈り上げて被せたい」
  • 「直毛過ぎるのが悩みなので動きが欲しい」
  • 「いつもパーマがかかりづらい」

確かに・・・

かなり直毛な上に、スーパー健康毛でした。

こういう場合のパーマでのよくある失敗は

  • 髪質を把握せずにかかり過ぎたorすぐ取れてしまった

というのがよくありますね。

事前に髪の履歴を把握させて頂くことが超重要(本当大事)なので、ボブの方でも最低1年間の間にカラーやパーマ縮毛矯正はしたか・・必ず伺います。

 

2.薬剤強めな分処理もしっかり

先述したように「スーパー健康毛」なので最初につける薬剤は遠慮なく強めの設定でいきます。

「え?ダメージしないの?」という声が聞こえてきそうですが、

パーマでのダメージの大小はこの1回目の薬よりもむしろ、それ以降の処理が重要です。

最近は1剤がかなり優秀になってきているので、以前よりは失敗も少なくなってきましたが、私は1剤つけた後の処理の仕方には、かなりのこだわりを持っています。

で、まずはこちらがカット後

襟足ギリギリ・・を超えて刈り上げました。

これもこれでアリですね。朝鮮させていただいてありがとうございます😌

ですがやはりカットのみで動き出すには限界があります。

パーマのロッド(巻くやつ)は太めで、前髪だけは特に動きが出づらいので、そこだけは独立した巻き方を。

で、自然に乾燥させた状態がこれです。

全体に柔らか〜い、雰囲気が出ました。

自分で乾かしていかに着こなせるか?楽にセットできるか?

こういったことにこだわり持っています。

3.パーマのセットと底ダメージの秘密

今回のパーマはデジタルパーマでもなく、エアウェーブでもないけど普通のパーマでもありません。

少し引っ張るように乾かせば上の写真みたいになりますし、そのまんま乾かせばクリッとしたパーマ感も楽しめます♩

泡のフォームかスプレーでのセットが良い感じですね☆

 

実はこれ、ちょっと特殊なパーマ技法をしているので、最速だと1時間半ほどで終わるのですが、今回は2時間ほどお時間を頂きました!

パーマを出来るだけ最小限のダメージで、なおかつしっかりかけたいという方にはお力になれると思いますd( ̄  ̄)

こういった事例も是非ご参考くださいませ。

その他のパーマおすすめ記事

【初めてのパーマ不安な方には、かかり過ぎないパーマを。ワンカールボブがおすすめ。】

【髪の毛の直毛・軟毛・猫っ毛で悩む方へのボブパーマスタイル。】

もちろんメンズも!

【ワイルドになりたい猫っ毛・直毛メンズよ。パーマしようぜ。】


ABOUT ME
愛澤 直人
原宿にある個室型サロン「GO TODAY SHAiRE SALON」にてマンツーマン施術スタイルで美容師・床屋2つの顔を持って仕事してます。このサイトでは実際のお客様実例から、ちょっとした疑問を分かりやすく解決する記事を書いています。とにかくカットに命を込めてます。座右の銘は「エクスペリエンス」。