Lady`s記事

多毛やクセ毛の悩みを解決したいあなたへ

多毛やクセ毛のコンプレックスを解決ができない理由は何故なのか?

 

私も美容師になってからたくさん勉強しましたが、基本的に美容師が習う技術というのは

良い髪型をつくるためのノウハウはたくさんあります。

しかし、個性を持った髪質に対応する技術は確立されていない。

という事実があると考えています。

少なくとも私が経験してきた中では「髪質にコンプレックスを持った人のための練習」というのは絶対数が多くないです。

 

めちゃめちゃ探せば講習もあるかもしれませんが、探してる労力の方がもったいないと思ってます。

この事実が、髪質にコンプレックスを持った人が、悩みを解決できない理由の1つとしてあげられると考えています。

美容師が習う良い髪型って?

まずほとんどの美容師はウィッグというものを使って練習を重ねます。

こういうやつね。

このウィッグを使った練習の良いところは

  • いつでも練習できる
  • ウィッグには感情が無い
  • ゆえに、どんな髪型にしても泣かれない
  • 基礎が徹底的に学べる
  • タイムアタックができる
  • 習ったカタチを再現できる

 

こんな利点があります。

ちなみにもうすぐ美容師歴10年になる私も毎週切っています。

しかし、このカット用ウィッグの特徴として、生え方も髪質もほぼ一緒という事実があります。

つまり髪質に難が無いんですよね。裏を返すと

  • ウィッグ切るの上手くなっても人間を切るのが上手くなるとは限らない
  • これだけで切れる気になると現場でのイレギュラーに対応しにくい

という事実があります。

もちろんウィッグだけ切れるようになってスタイリストになるような人はいないと思います。

その後には実際のモデルさん何百人と連れてきてタイム計って、上司のOKが出ればデビュー。大体こんな流れに待っています。

 

マニュアル美容師になることの怖さ

私が最初に修行に入ったお店もウィッグを切りましたし、師匠がつくったいわゆるカット教本というものが存在しました。

その当時というのは「うちの技術が世界基準だ!!!」と念仏のように毎日師匠に唱えられてたので、当時の私はその言葉を完全に鵜呑みにしていましたし、この技術がトップオブザトップなんだと思い込んでいました。

とてもざっくり言うと、良いカタチになるカット技術。

その師匠が思うマニュアル通りに育ちました。

 

ですが経験を重ねて行ったり、他の優秀な美容師さんから技術を学ぶうちに気づいたことがありました。

今の技術は相性が良い人には合うけど、合わない人からすれば喜ばれないカットなんだ。

つまり、誰にでも喜ばれるような技術でもないし、世界基準でもなんでもないということ。

世界基準だと思い込んで打ち込んでいた練習も、実は氷山の一角であり、ほんの一部にしか過ぎない。

それに気づいたときに、私が抱いた感情は

やっぱりそうだよね。

という1つの安心感でした。

うちの技術は世界基準!」という念仏に加えて「他の美容師の技術はダメ」とか「あんなのカットじゃない」なんてことを耳にしていました。

そんな言葉を聞くたびに、え?本当にそうなの?他の美容師さんでも優秀な人いるでしょ?今習ってることが世界基準とは思えないけど?

空気壊しちゃうから口には出しませんでしたが、そんなふうに思っていました(笑)

 

カットが好きだから、他の技術や考え方も学びたくて仕方なかったんですよ。

早くこの鎖国状態から脱したい!

そんな風に思ってました。

このときに、与えられたものだけを学ぶマニュアル美容師になることの怖さを体験したのです。

 

以外と多いかもしれないマニュアル美容師

ウィッグとカット教本とモデル練習。

この3つでスタイリストデビューを果たしました。

ここまででも相当な苦労を要したのですが、実はスタイリストになってからの方がさらに課題がありました。

スタイリストデビューまでの学びが100だとしたら、スタイリストになってからの勉強や課題は

10億くらい、いやそれ以上、、というか無限。に、あると感じています。

もはや1人の師匠、1つの概念からの学びだけでは到底追いつかないような課題が鬼のようにあります。

話すと長くなるので割愛しますが、今の美容業界というのは

「シンプルなマニュアルで、より早くデビューさせ、売り上げをあげる」のが正義

この大義名分のもと、人材教育が行われてきました。雑な言い方をすると、ビジネス的に無駄なことは排除され続けてきたわけです。

ですから

自分で考え、自分で仮説を立て、自分で検証してみる。

こんなことは許されなかったわけです。(きっとこんな美容師さん少なくないはず)

 

美容師に評価されるヘアスタイルではなく、お客様に評価されるヘアスタイルを

自分で考え、自分で仮説を立て、自分で検証。

この観点に気づいた時「え!!そんな切り方ありなの?!」こんな技術も取り入れるようになりました。

最初はとても抵抗がありました。今までの僕に技術を教えてくれた師匠が「なんだその技術」なんて言っちゃうような技術。

でもよくよく考えてみたら、僕が提供したいものって

美容師から評価されるヘアスタイルじゃなくて、お客様が喜んでくれるヘアスタイル。

これが私の仕事のテーマなので、お客様が本当に喜んでくれて、本当に自分に合う髪って感じてくれたらなんでもOKです。

(もちろんいまだにベーシックな技術もアップデートしてます!同じくらい大事!)

コンプレックスを解決できる技術者に

偉そうなことを言いましたが、私もまだまだまだまだまだ課題が山積みです。

それでも、お客様が喜んでくれるヘアスタイルに対して真剣に向き合っています。

「こんな風になったの初めて!」「自分の髪じゃないみたい!」

こんな風に思ってもらえる体験を提供しています。

ここまで読んで頂きありがとうございます。

具体的にどんなことやってくれるの?と思った方はこちらもご参考ください。

毛量が多い、クセ毛が扱えない、小顔にみせたい…。カットで満足したことがない方は愛澤まで。着心地のいい髪を提供しています。 私が提供するサービスは“着心地のいい髪”です。 朝から帰宅までの安心感 ...

実際にお客様から頂いた評価はすべてこちらからご確認いただけます。

 

 

 

 


ABOUT ME
愛澤 直人
愛澤 直人
原宿にある個室型サロン「GO TODAY SHAiRE SALON」にてマンツーマン施術スタイルで美容師・床屋2つの顔を持って仕事してます。このサイトでは実際のお客様実例から、ちょっとした疑問を分かりやすく解決する記事を書いています。とにかくカットに命を込めてます。座右の銘は「エクスペリエンス」。