Lady`s記事

毛先に残った縮毛矯正にデジタルパーマをかけて、地毛をいかしたヘアスタイルに!

縮毛矯正をやめるためにデジタルパーマを!

 

こんにちは愛澤です。

さてさて本日は「縮毛矯正をやめたい」ということで、ここ数回通っていただいてるお客さまのご紹介。

お客様
お客様
今回、カラーもパーマもしてイメチェンしたいんです!一緒にやったらまずいですか?
どうなっても対応できるようにしておくので、相談して決めましょう!可愛くしますよ〜〜^^b

 

ということで実際ご来店いただきまして、

パーマかけるかどうかはカットの仕上がりをみてから決めることに・・

当日のオーダーまとめ
  1. 短くしてもOK!
  2. 久々にイメチェンしたい
  3. 毛先を丸くセットするのが面倒になってきた

 

地毛による黒髪歴も長かったようなので、飽きてたようですね。

縮毛矯正の卒業も考えていたので、パーマかけるのにも良い時期かと( ^_^)/

ちなみに初来店のときの髪型はこんな感じ

これをまずは無理ない範囲で切って

仕上がりとしては⬆︎くらいまで切って、毛先に残った「まっすぐ感」は毎日のセットで頑張ってもらう。

ということで落ち着きました。(初来店時ね)

 

で!今回はついに、ストレートヘアから脱出できたんですよね〜^^

 

デジパーは誰でもかけれる?

 

私が担当しているお客様の中でも、実際にデジパーをかけて縮毛矯正を無事に卒業された方は数名いるんです。

しかし・・

だがしかし!矯正をかけた髪に、パーマをできるかどうかには条件があります。

誰でもこのパターンで卒業できるとは限らないんですよね。

条件としては以下のようなものがあります

 

  1. 矯正した部分の髪の毛に余力が残っている(ダメージが極端ではない)
  2. 今後、かなり明るめのヘアカラーにするつもりがない

 

この2つがとても重要になってきます。

特にに関しては写真とか話を聞いただけでは到底判断できないので、髪を実際に触らせてもらったり、濡れた状態を確認させてもらう必要があります。

 

今回は、この条件を2つともクリアしていると判断したので、パーマもかけることになりました( ^_^)/

 

かけるとこは最低限でOK!

 

今回は「短くなってもOK!」ということでしたので、パーマも必要なとこだけかけました( ^_^)/

【パーマ後】

地毛のクセ毛とパーマのミックススタイルですね。

必要なとこに、必要な分だけデザインを。

こうしておけば、今後のヘアスタイルへのなじみもとても良いのです。

長期的に見ても楽チンだし、スタイルチェンジもやりやすいですね★

 

ということで、仕上がりはこちら( ´ ▽ ` )ノ

カラーは王道のアッシュ系の色ですが、本人の柔らかい雰囲気にもあうように

すこ〜しまろやかにしています。

初来店の5ヶ月前と比べるとこんなに違います(笑)

 

⬇︎中央のバーを左右にしてご覧いただけます⬇︎

 

ツヤ感やまとまり重視のスタイルから“自分髪”へ

 

で、スタイルチェンジをしたら、明日から大丈夫かな??

というのが気がかりなんですが、とても気に入っていただけたようで安心しましたε-(´∀`; )

 

こんなメッセージをもらった日には

美容師やってて良かったな\(//∇//)\グフフのデヘヘ・・

とこのように完全に自惚れていますし、こういう時こそ炊き込み御飯を作ると決めています。(うそです)

 

縮毛矯正のサラツヤ〜♪な髪の毛のもステキですし、こういう個性をいかしたヘアスタイル、どちらもステキですよね。

 

イメチェンしたときは特に、お手入れの仕方も変わりますから、そちらもしっかり対応してもらえるように、レッスンのメニューもご用意しています。

ご希望あれば、その場でやってもらったりもします( ^_^)/

セルフヘアセット、スタイリングのマンツーマン個人レッスン始めました!ヘアセットの個人レッスン始めたよ ども。愛澤です。 実は最近こっそりメニューに加えていた「コテ巻きレクチャー」というメニ...

 

長くなりましたが

  • 私も縮毛矯正やめてみようかしら?
  • 私の髪でもパーマかけれるの?

なんて思った方はぜひ一度ご相談くださいね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

予約/相談してみる


ABOUT ME
愛澤 直人
愛澤 直人
原宿にある個室型サロン「GO TODAY SHAiRE SALON」にてマンツーマン施術スタイルで美容師・床屋2つの顔を持って仕事してます。このサイトでは実際のお客様実例から、ちょっとした疑問を分かりやすく解決する記事を書いています。とにかくカットに命を込めてます。座右の銘は「エクスペリエンス」。